最新のセミナー情報

2014年7月12日(土)
15:00〜17:00

<セミナー開催終了>
現役時代に取り組む資産形成
~成功事例デモンストレーション~

【会場】うじ安心館 3Fホール

セミナー詳細

セミナーレポート

患者数を減らしても「増収増益」を
狙える最良の方法とは何か?
-ダイジェスト版-

【開催日時】2013年6月16日(日)

本セミナーの主旨は、今後の歯科業界で生き残り、成功し続けていけるための経営術。「勝てる仕組みづくり」をテーマに掲げ、幅広い業界でコンサルティングを展開しておられる石原明氏(経営コンサルタント)を講師に迎えて、極めて実践的なノウハウをご教授いただきました。豊富な経験値から導き出されるマーケティング原理で、今後の歯科業界を分析し、生き残るためにどんな施策が必要かを解説して頂いた、本セミナーの模様をダイジェスト版でお伝えします。

講師紹介

グループコンサルセミナー用③

石原明氏
(経営コンサルタント)

ヤマハ発動機(株)、大手監査法人コンサルティング部門、外資系教育会社日本代理店を経て、日本経営教育研究所をH6年に設立。講演活動、執筆、 各社顧問および幹部教育などで活躍中の新進気鋭のコンサルタント。数少ない結果の出せるコンサルタントとして各業界で絶賛されている。



セミナー内容レポート


“増患”は必ずしも成功には繋がらない!?

歯科医院業界の未来予測に基く“経営戦略”をテーマにした第4回「創」セミナー。講師を務めて頂くのは、医療系はもちろんのこと、流通から飲食、はてはテレビ局まで、コンサルティングで関わってない業界はないといわれる石原明氏です。歯科の専門性はもちろん熟知したうえで、他業界で勝ち得た経験や豊富な情報をもとにした石原氏のマーケティング分析は、仕事に忙殺されている院長様にこそ、参考になさっていただきたいポイントが満載。本セミナーは、「今後、歯科業界で生き残り、発展していける歯科医院はこの4タイプしかない」という、石原氏の鋭い指摘からスタートしました。


SONY DSC

その「生き残る4タイプの歯科医院」とは次の通りです。
① 地域密着型小規模医院(チェア数3~5台)
② 地域制覇型中規模医院(チェア数5~15台)
③ 専門特化した小・中規模の医院(チェア数3~8台)
④ 大都市制覇型大規模医院(チェア数15~25台)

本セミナーでは、この4タイプごとに、特徴や、発展していくための対策法を詳細に解説。歯科医院数が増え続け、競争を強いられる中、治療や診察のクオリティを向上させるだけでは、収益をあげることはできないのが現実です。この“収益性”を考えるうえで、“医院拡大”や“医院の組織化”をどのように捉えるべきかが、非常に大きなポイントに。石原氏曰く、「患者数を増やすこと=成功」と思い込んでいる院長があまりに多いと指摘。「患者数が増える→周囲にチェア増加を勧められる→医院をむやみに拡大→経営危機」という図式に陥る経営の矛盾を強調されていました。


SONY DSC

また、石原氏はセミナーの主軸となるテーマ「患者数を減らしても月の収益を増やすことができる仕組み」として、保険外治療導入のスキームを解説。前述した「患者数を増やせば増やすほど収益が落ちていく」という矛盾を踏まえ、医院経営上、いかに保険外治療が重要かを説きながら、保険治療との割合を移行させていくための具体的プロセスを語っていただきました。このプロセスは、来場頂いた院長先生に対し、「他所ではバラさないほうがいい」と石原氏も話していたほど貴重なもの。
次回更新の完全版では、保険外治療患者を獲得するためのフローも掲載いたします。ご期待ください!

参加者の声(感想アンケート)

「保険外治療」は取り組んでいたが、ここまで明快なロジックには驚く点も多かったです。

今後の経営基盤として「保険外治療」の積極的な導入は欠かせないと思いました。

次回セミナー情報はこちらから

創サービス 無料お試し体験無料相談 お気軽にお問い合わせください。